ブログトップ

旬な暮らし ~~~ 岩田さんのおやつ ~~~

syunkura.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

チョッキ

d0178895_14101321.jpg

もうすぐ3ヶ月の娘に、ウールのチョッキを編みました。
なかなか使い道が決まらず、押入れに眠っていた濃い朱色の毛糸。ようやく、出番です。
編み図・・・なし。サイズ70ぐらいの既製の服を参考に、ただ、真っ直ぐ長編みするだけ。襟はVの字になるように途中から目数をひとつずつ減らします。肩と脇を接ぎ合わせて、ボタンをひとつ付けます。ボタンホールは編み目を利用するので不要。

絵本「ねずみくんのチョッキ」に出てきそうな感じ・・・?


着せてみると・・・
d0178895_14281677.jpg





こんな感じ。
ま・・まぁ・・・とにかく、暖かいのが一番!
[PR]
by monhugo-usa | 2010-11-23 14:10 | つくること | Comments(0)

自然のチカラ。

庭の葡萄やナツメの木が黄色く紅葉してきて、秋が終わりに近づいたのを感じます。
とうとう、今年の夏は庭仕事をしないまま・・・最近になってhugoがもらってきたチューリップとスイートピーを植えたぐらい。
芝が雑草みたいに伸びているのが、かなり気になる。あれだけは、冬になる前に短く刈らないと。

そんなホッタラカシの庭で、春に植え替えをしたワイルドストロベリーがひとつ、ふたつと色づき始めました。
d0178895_14573064.jpg

小さいけど、立派にイチゴの味。意外と甘味もあって美味しいです。今日のhugoのおやつに・・・。
どんどん株分けして、ジャム作れるくらい増やしたい!というのが夢。←気の遠くなる話

そして、家を建てた頃、実家からヒゲみたいに細い苗を持ってきて植えっぱなしているニラ。5年半という時を経て、ちょっとだけ大きくなりました。周りにはこぼれ種が芽を出して、か細いニラが育っています。
d0178895_14573048.jpg

今夜はこのニラを加えて、麻婆豆腐にします。

ちなみに・・・朝顔はまだ、毎朝いくつもの花を咲かせ中。冷たく寒い朝、窓の外に朝顔・・・?季節感が狂ってます。あちこち空き放題に延びたツル。片付けられるのはいつ?

でも、どんな過酷な条件の中でも文句も言わず(本当は言ってるかも?)一生懸命に耐えて、花を咲かせたり実をつけたりする植物達には、本当に感心させられます。
[PR]
by monhugo-usa | 2010-11-18 14:57 | 庭しごと | Comments(0)

宝物

d0178895_2210274.jpg

同じ顔して眠る、兄と妹。お互いに、宝物だね。
そして、ふたりは、旦那さんと私の宝物。

ある友達が言いました。
「子どもが赤ちゃんの頃は、夫婦喧嘩なんかしないもんねー」
確かに・・・赤ちゃんからもらう癒しパワーにかなうものなんかない。どんな人でも、赤ちゃんを目の前にしたときの笑顔は優しい。。

大きくなるにつれて、いろんな悩みも葛藤も出てくるけど、この寝顔を見れば・・・
赤ちゃんじゃなくなっても、癒されます。
[PR]
by monhugo-usa | 2010-11-14 22:10 | こども | Comments(0)

むかごご飯

山歩きが好きな両親が、むかごを採ってきてくれました。

山芋の味が、そのまま小さな実に詰まっていて、小学生の頃は、遊びながら見つけると採ってはパクリと食べてたなぁ…。

でも、一番好きな食べ方は、むかごご飯。

普通のお米もむかごと炊くと、モチモチっとなる。
味付けは塩のみ。

むかごはさっと下茹でしてから、お米と一緒に炊きます。

d0178895_722363.jpg



☆今日のお弁当は、むかごご飯のおむすびがメイン。

おむすびにすると、これまた美味しい〜。
[PR]
by monhugo-usa | 2010-11-07 07:02 | Comments(0)

二ヶ月。

d0178895_16192918.jpg
娘、ウサが生まれて早・二ヶ月…。

話しかけるとニコニコ笑い、鈴がなるようなおもちゃにも反応して手をのばすようになりました。

7年ぶりの赤ちゃん。

遠い記憶のかなたになっていたhugoのこのころの姿を思い出させてくれて、何と言うか…二度おいしい、みたいな…
二人目のこどもの存在が、想像以上に家族の心を豊かにしてくれる。

私もhugoも、旦那さんも!?楽しいばかりじゃなく、それぞれに不安や焦りやヤキモチや苛立ちや………いろんな気持ちを心のなかに抱えながら、ウサと一緒に、日々、成長(したりしなかったり)です。

hugoは妹に対して、トコトン優しい。
でも、親の愛情が分散されて寂しい気持ちはどうしようもなく、7才にして微妙な赤ちゃん返り…?

こっちもそれなりに気を使ってはいるものの、赤ちゃんと同じように接するなんか、所詮ムリ。

7才ともなれば、何かと注意をすることが多く、常に怒り口調…なイメージ。
hugoの好きなおやつを作ったり、たくさん褒めたり、やれることはやってるつもりですが、こっちも寝不足でイライラしていたりすると、気持ちに余裕もなくなり、つい素っ気ない態度になりがち。

未熟者の親にとって、子育ては、最高の修行の場。

いや、こどもと暮らしていくことで「親」にしてもらうんだな・・・

自分の夢も理想の人生も、ひとまずその辺に置いといて…、
何も考えず、その日その日を味わって大事に暮らす。
その積み重ね、です。
[PR]
by monhugo-usa | 2010-11-05 16:19 | こども | Comments(0)