ブログトップ

旬な暮らし ~~~ 岩田さんのおやつ ~~~

syunkura.exblog.jp

カテゴリ:こども( 70 )

はんこ

d0178895_1021196.jpg小学校から出される宿題「まいべん」←毎日勉強!?は、しっかり親も参加型です。計算の丸つけや音読の認め・・・。1年生の時は子どもも親も力が入っていたけど、2年目になるとなんだかマンネリ気味。ちょっとした変化を求めて、手書きだった「認め」を「はんこ」にしてみました。100円ショップで買った小さいはんこ。連絡帳は義妹が掘ってくれたドラえもん。ただそれだけなのに、たったそれだけのことで、親子してちょっとテンションが上がるんだから、ホント、単純なもんだ・・・


家庭訪問も終わったし(ほ~っ。。)連休が終わればようやく、今年度の学校もフル活動!こども元気で学校がいい。あー、待ち遠しい。
[PR]
by monhugo-usa | 2011-04-30 10:27 | こども

こども心・親心

d0178895_21395384.jpg
いろんな年の差の兄弟姉妹がいて、それぞれに大変さがあると思う。うちの兄妹は7歳差。お兄ちゃんのhugoは、ちょっと幼少時代から少年へと抜け出ようとする微妙な時期・・・。知恵もついてくれば、うそもつく。ご飯の食べ方でも、毎日注意されない日はない。いちいち叱りたくはないけど、今、叱らなかったら後々困るのは子ども自身。自分も子ども時代できてなかったくせに・・・そう思いつつ注意する日々。いやーな顔して私を見るhugo。



今日、お風呂でhugoが言ったことば。

「〇〇ちゃん(←私)は、ぼくちんのこと怒るために産んだんでー、へへへ」


はぁー、、、どんだけ痛い思いして産んだと思ってるんだ???
怒るのも疲れるし、けっこう落ち込んだりするんだから。でも、まだ可愛いばかりで叱られることのない妹の傍らで、自分は叱られてばっかり・・・な気分になるのも無理はないか。


そういえば・・・・・こどもの頃、自分も同じようなこと、よく考えたなー。

親の心、子知らず。
親になって初めて、この言葉が身に沁みる今日この頃です。
[PR]
by monhugo-usa | 2011-04-17 22:02 | こども

最初のひとくち

もうすぐ7ヶ月になる娘、いよいよ離乳食開始です。

d0178895_1126314.jpg

まずは、日本人の主食「お米」から。重湯をほんの少し・・・小さなスプーンで口に運ばれた白いとろんとした液体を、躊躇することなく舌で味わってごっくん。。。

私を見上げてニンマリ。

もうひとくち。

また、ごっくん。ニンマリ・・・


どうやら美味しい様子。スプーンを持つ私の手を自分の手で口に運ぼうとします。


量にして、、小さじ2杯ほど食べました。



そして、友人にお祝いにもらった小さなステンレス製のマッシャー。食材をペースト状にするもの・・・シンプルで使いやすいスグレモノです♪
[PR]
by monhugo-usa | 2011-03-23 11:32 | こども

募金

d0178895_21212270.jpg

hugoの小学校の児童会は、今回の地震の被災者へ募金を送ることにしたようで、今日、その説明の紙を持って帰りました。

自分では体験したこともなく、どんなに辛いことなのか、想像もなかなかできないhugo。でも、しっかり考えて少しでも被災者や犠牲になった方達のことを7歳の彼なりに思いやって欲しいと思い、募金するお金は自分の貯金箱から出すようにと言いました。

とっさに「えー…やだ。」と答えたhugo。無理もないことかもしれませんが、その返事にがっかりしました。それでも、今、本当に困っている人達の姿を連日テレビで見ていて、何も感じないはずはないと、私ももう一度彼に話をして、どうするのかは自分で考えるように言い、様子を見ていたところ…

夜になって、自分の貯金箱からお金を出し、持っていくと言ってきました。

もしかしたら旦那さんがお風呂で話してきかせたのかもしれない。でも、自分で考えて行動したことに、うれしく思います。

みんなの「少し」が集まれば大きな力になる。とにかく早く寒波が過ぎ去って欲しいと祈ります。
[PR]
by monhugo-usa | 2011-03-16 21:21 | こども

おにいちゃんはどこ?


d0178895_10143936.jpg耳の上のくせっ毛が伸びてきた娘。おにいちゃん、昨日からいないけど、どこにいるの?

昨日の朝、起きようとしたhugoは激しい頭痛に泣き出しました。熱を測ると39度近い・・・。これは!!前の晩には好物のコロッケをみっつも食べてご飯もお代わりしたのに。ピンと来ました。インフルエンザだ・・!

検査結果は・・・・出ました、新型インフルエンザ。クラスでは全然流行ってないみたいなのに、どこでもらった??とにかく、他の家族に移らないように「隔離」です。2階の寝室以外は移動禁止。部屋の出口・洗面所には消毒ポイント。看病に行く時はマスク装着。寝室から出るたびに手洗いうがい・・・どうか、どうか、移りませように。。。hugoは「イナビル」という新しい吸入型の薬を一回飲んだら後は寝て回復を待つだけ。今日は熱も37度台に下がり、少しだけ食欲も出ました。明日あたりから退屈との闘いでしょう。解熱後二日間は外出できません・・・最低でも月曜までは。テレビもない2階で4日間。長いーーーー。
[PR]
by monhugo-usa | 2011-02-18 10:33 | こども

ほっぺちゃん

d0178895_123058.jpgもうすぐ5ヶ月になる娘・・・髪の毛はクセっ毛、ほっぺたはクレヨンしんちゃん顔負けの大きさ。2、3日前から寝返りをしそうな態勢を取りはじめました。どんどん成長しちゃうなー。ミルクとオムツ以外では機嫌よく遊んで、いつの間にか眠って、気がついたら目を覚ましてひとりで遊んで。夜も、10時ぐらいから翌朝5時ぐらいまでしっかり寝て・・・と、あまり手のかからない赤ちゃんで、母は大助かり。
でも、肌はかなり弱そうで乾燥しがち。すぐにカサカサしたり、小さな赤いポツポツが出てきたり。皮膚の弱い子どもは胃腸の発達が普通の子より遅いらしいので、離乳食の開始はまだまだ先にした方が良さそうです。

去年の春から夏にかけて、アトピーの悪化で苦しんだhugoは、ここのところ調子よく肌もきれい。マッサージもついつい忘れているぐらいです。おやつも市販のモノも少しなら・・と、規制も緩んできました。。。。が、油断禁物!ちょっとウッカリ食べ過ぎるとてきめん、次の日あたりはボリボリ関節を掻いてます。からだって本当に正直だなー、と実感。

これから春になってくると一気に体の中に溜まっていたものが出てきて、外の空気も花粉や黄砂、強い紫外線と天敵だらけになります。旦那さんも毎年春に体調を崩しがち。生まれて初めての春を迎える娘も・・・家族みんな、要注意な季節です。
[PR]
by monhugo-usa | 2011-01-25 12:05 | こども

「早く」という言葉

もうすぐ2学期も終わり。
hugoの学校の宿題、私から見れば「1年生なのに、こんなに?」というくらいの量を良く頑張ってやっています・・・・が。

が・・・・。

毎日とてつもない時間をかけてやりあげるのです。

「とてつもない時間」の7~8割は、手遊びかボーっとする時間。
正直、見てるだけでイライラして疲れます。平日は晩ご飯にさしかかるとその後の時間も下がってしまうので、ある程度見ていて「早く終わらせてしまってね」と声をかけてしまうことになります。(それでも、何度も言わないと終わらない)
でも、本当なら自分のペースでやるのが一番。手遊びしようが何をしようが、きちんと最後までやるならそれで良いというのが、私の考え。なので、土曜日の今日はたっぷり時間もあることだし、何も言わずにやらせていました。

が・・・・・・・・。

ふーーぅ、ふぅーーーーー、、、何も言わないで見ているのはかなりのストレスです。
午前10時、ダイニングテーブルに宿題を広げてから早3時間。「早く」という言葉を言わずに終わるのを待っているうちに私のお腹も限界・・・。先に昼ごはんも食べてしまいました。午後1時半を過ぎた頃、ようやく終了。いやー、お疲れ様でした・・・見てるだけで、疲れたよ。でも本人的には問題ないみたい。

hugoの性格は、父親譲りなのか、焦ると言うことがありません。朝、友達が迎えに来る時間が近づいても、のーんびりご飯を食べています。ここでも、少し前まで「早く」と言う言葉を連発していましたが、言っても意味がないので、言わないようにしました。そして、迎えに来ていた子は、「これからは先に行くけん。」と言って、hugoを誘いに来なくなりました。毎日、その子が来る時間までに準備しないと!と焦っていた私は、気が楽になりましたが。

「早くしなさい」と言う言葉、子育ての中で使ってはダメだという話を聞いたことがありますが・・・

はっきり言って不可能です。

でも、言ってみてわかることは、言っても何もメリットはないということ。
「早く」と言われて、子どもがやっても、それは子どもの意思や考えではなく、言われたからやっているだけ。
それでは子どもの為になってない。とかく自主性、自発性の薄い気がするhugoには、時間がかかっても自分の考えで動いて、時間を使えるようになって欲しいので、私は出来るだけ何も言わないでいたいと思います。

・・・言わないのは、言うことよりもはるかにストレスフル~~。


◎クリスマスもすぐそこまで近づいてきました。
今年のリースは庭にある植物でシンプルに・・・。
d0178895_1395725.jpg

葡萄のつる・ローズヒップ・ユーカリ・ヘクソカズラ(←この名前ってなんか・・・・。)雰囲気の良いリボンでも結びたいところですが、これといったリボンが、、、ない。
[PR]
by monhugo-usa | 2010-12-11 13:09 | こども

宝物

d0178895_2210274.jpg

同じ顔して眠る、兄と妹。お互いに、宝物だね。
そして、ふたりは、旦那さんと私の宝物。

ある友達が言いました。
「子どもが赤ちゃんの頃は、夫婦喧嘩なんかしないもんねー」
確かに・・・赤ちゃんからもらう癒しパワーにかなうものなんかない。どんな人でも、赤ちゃんを目の前にしたときの笑顔は優しい。。

大きくなるにつれて、いろんな悩みも葛藤も出てくるけど、この寝顔を見れば・・・
赤ちゃんじゃなくなっても、癒されます。
[PR]
by monhugo-usa | 2010-11-14 22:10 | こども

二ヶ月。

d0178895_16192918.jpg
娘、ウサが生まれて早・二ヶ月…。

話しかけるとニコニコ笑い、鈴がなるようなおもちゃにも反応して手をのばすようになりました。

7年ぶりの赤ちゃん。

遠い記憶のかなたになっていたhugoのこのころの姿を思い出させてくれて、何と言うか…二度おいしい、みたいな…
二人目のこどもの存在が、想像以上に家族の心を豊かにしてくれる。

私もhugoも、旦那さんも!?楽しいばかりじゃなく、それぞれに不安や焦りやヤキモチや苛立ちや………いろんな気持ちを心のなかに抱えながら、ウサと一緒に、日々、成長(したりしなかったり)です。

hugoは妹に対して、トコトン優しい。
でも、親の愛情が分散されて寂しい気持ちはどうしようもなく、7才にして微妙な赤ちゃん返り…?

こっちもそれなりに気を使ってはいるものの、赤ちゃんと同じように接するなんか、所詮ムリ。

7才ともなれば、何かと注意をすることが多く、常に怒り口調…なイメージ。
hugoの好きなおやつを作ったり、たくさん褒めたり、やれることはやってるつもりですが、こっちも寝不足でイライラしていたりすると、気持ちに余裕もなくなり、つい素っ気ない態度になりがち。

未熟者の親にとって、子育ては、最高の修行の場。

いや、こどもと暮らしていくことで「親」にしてもらうんだな・・・

自分の夢も理想の人生も、ひとまずその辺に置いといて…、
何も考えず、その日その日を味わって大事に暮らす。
その積み重ね、です。
[PR]
by monhugo-usa | 2010-11-05 16:19 | こども

大事なのは。。。

hugoの肌の状態、ずいぶんとキレイになってきました。
夜、痒がって眠れないようなことも少なくなり、掻くことはあるけど、古い角質・皮膚が剥がれ落ちるたびに健康そうな皮膚が出てきて、少しずつ・・少しずつ、丈夫になりつつあります。

朝、ラジオを聴いていたら、偶然「アトピー性皮膚炎について」専門の先生のお話が流れてきました。

いろいろな話の中で
「皮膚の記憶は失われない」
という言葉が耳に残りました。

アトピーが良くなった。と思っても人間の皮膚はその記憶を忘れることはなく、何かの拍子(環境の変化やストレスなど)で、再び表れることがある、ということです。

そうかー・・・

当たり前のような、でもなんか、ちょっとショックなような。

「完治」ということはないわけだ。

それなら尚更、日々の暮らし方、食事には、健康な時もそうでない時も、当たり前に気をつけていくことが大事なんだと思います。

いつか、親元を離れ、自立して生活する時が来るまで、いろんな環境やストレスに負けない丈夫な心と体を
育てること。

大事なことがわかっていれば、暮らしがブレることはない。と気付かされました。


☆今日のおやつは・・・ブラックココアのスコーン☆
d0178895_10551630.jpg


チョコ大好きなhugoにとって、ココア味のお菓子は貴重らしい。
チョコを食べない日なんて、数ヶ月前までなかったもんね・・・
[PR]
by monhugo-usa | 2010-07-12 10:55 | こども