ブログトップ

旬な暮らし ~~~ 岩田さんのおやつ ~~~

syunkura.exblog.jp

カテゴリ:脱原発( 25 )

「川内原発を止めよう」

14日に大きな地震が熊本で起きて1週間。
いまだに震度3以上の余震が続いています。
この予測不能な状況の中、九州電力川内原発は異常なしと運転を継続中。。。
ハハパレメンバーは、九電大分支社の担当の方と直接お話をして、説明も聞き、簡単には止められないということも重々承知の上で、それでもやっぱり今はいったん止めるべきだと強く強く感じて
昨日、集まれるメンバーが九電に要請文を提出しました。

だれひとり、他人事で済まされる人はいないから
みんなで、止めてと言おう。


「それでも川内原発を止めよう」

九州電力株式会社のみなさんへ

熊本・大分での地震が起こってから5日目の2016年4月19日、
私たちは貴社の大分支社を尋ねました。

熊本で震度7が起こったとき、川内原子力発電所のある薩摩川内市の震度は4。
地図を見ても、一連の断層帯から大きく外れているとは言い難い立地に、
原発事故の不安を抱く市民が多数いることを、率直にお伝えしたかったのです。

そしてなぜ、地震が起こってもなお運転を続けているのかを疑問に思い、
素朴に、社員のみなさんにその理由をお尋ねしたいと思いました。

事故はいつも想定外。
さらに大きな地震が起こってしまってからでは遅い。
九州電力のみなさんが災害対応に追われていることを考え、心は痛みましたが、
とにかく私たちと会っていただけませんか、とお願いの電話を致しました。

顔の見える相手と、対話がしたかったのです。

その思いを快く受け入れてくださり、大分支社の本房さん、門松さんは
素人の私たちに対して丁寧に川内原子力発電所や電力需給のことを説明してくださいました。
私たちは、それを聴きながら思いました。

原発を止めるということは、簡単ではない。

川内原発の2基を、力を尽くしてやっと稼働に漕ぎ着けたのは
九州電力だけではなく、立地する地域と経済界や国の
入り組んでいて巨大な複合体なのだと
改めて、肌で感じたのです。

地震が頻発する今、ほんの少しの間だけ止めるというだけでも難しさを極める。

かと言って
「大丈夫です。二重三重の安全装置が付いていて、
いざという時、運転は自動で止まる。
ご心配には及びません」という言葉に黙って頷くことは、
どうしても私たちにはできませんでした。

それは
福島の事故があったから。

いつも私たちの脳裏に浮かぶのは
科学技術の粋を結集して作り上げた安心安全な発電所だったはずの
あの福島第一原発が
想定外のアクシデントを重ねてメルトダウンし、
最終的にはヘリコプターでバケツリレーして、
燃料棒を、冷やすしかなかったこと。

あの時、科学者も総理大臣も私たち市民も
命運をバケツリレーに任せて
固唾を飲んで、見守っていたじゃないですか。

みんな、忘れてしまったのかもしれないけれど
人智なんて、そんなもの。
自然の力の遥か遥か下
ささやかに生かされているに過ぎないということを
あの時、日本は思い知ったのではないですか。

「原発を止めよう」というと
まるで怖がり屋さんみたいに思われるとは思いますが
私たちは堂々として、怖がり屋さんでいたい。

九州電力のみなさまを敬愛し、
市民として、対等に物申したいと考えます。

科学的根拠は書類の中にはない。
ましてや、地震は人類の手には負えない。

今これを書いている間にも余震が続き、
熊本は、大分は
打撃と恐怖のただ中にいます。

取り越し苦労でもいい。
どうか今だけでも、
川内原子力発電所を運転停止してください。

2016年4月21日

ハハパレ・おおいた一同
[PR]
by monhugo-usa | 2016-04-22 11:53 | 脱原発

3.11いのちのわ

あの日から、もうすぐ3年・・・

平和への願いを込めて、今年も「3.11いのちのわ」(3月9日@若草公園)が行われます。
祈りを込めて、たくさんの素敵な人たちが集まるイベント。
ハハパレももちろん参加!ブースでは「岩田さんのおやつ」も販売します。

いのちのわ虹色マルシェスペシャル!「NO NUKES MAN クッキー」
d0178895_19153512.jpg
マルシェには、体にも地球にも優しい美味しいお店がたくさん出店〜
マイ箸・マイカップ・マイ皿・マイバッグを持って、ぜひお出かけください!

「原発はいらない」という母たちを撮影した写真集「100人の母たち」の写真家・亀山ののこさんの写真パネル展示もあります。



[PR]
by monhugo-usa | 2014-03-05 19:21 | 脱原発

20回目のパレード

昨日は、「原発やめようえ おかあちゃんパレード」20回目でした。

歩き続ける・・・毎月同じようにやっているようで、でも、気持ちは毎回ちょっと違う。

小心者なので、友人や知人や同級生にばったり会ったら、たぶん顔は赤面してしまう。

歩き続けている間にも、福島の汚染は広がり続けているし、
ソチオリンピックに世間が見入っている間にも、政府は恐ろしい悪巧みをどんどん現実化している。

街中で声を上げて歩いても、変わらないどころか・・・とまぁ、下を向いてしまいそうなのが本音。

それでも、いてもたってもいられないし、どうしていいかわからないけど、声を上げるのを止めてしまうことは
子どもたちの顔を見れば、とうていできない。
d0178895_07374777.jpg
3歳娘も、一緒に歩き始めて1年半を過ぎました。
最近は抱っこせずにしっかり自分の足で、最後まで歩いています。

いろんな「もやもや」も「うつうつ」もみんなと一緒に歩いたあとはどこかに飛んで行ってさっぱりすっきり。
心がほっとして、また元気をもらって帰ります。

[PR]
by monhugo-usa | 2014-02-24 07:40 | 脱原発

2700年以上前に

NHKの大河ドラマの中での山本覚馬のセリフに、つい現在の日本を思って涙が出た。

「剣を打ちかえて鍬となし、槍を打ちかえて鋤となし、国と国が向かいて剣をあげず、もはや二度と戦うを学ばない」

聖書にある言葉で、今から2700年以上前に記されたものだそうです。

2700年…

時代は繰り返すと言うけど。
それでも、同じ過ちを繰り返したくないから、声を挙げ続けよう。
d0178895_23154013.jpg


秘密保護法案が可決されてしまう前夜の月。
[PR]
by monhugo-usa | 2013-12-08 22:53 | 脱原発

よーく見て、よーく考えて

Facebookでシェアされていた、小学生にもよく分かる

「戦争のつくりかた」

よーく見て、よーく考えてみると…


この絵本のまさに途中まで、今の日本は来てしまってる!

ざわざわ、ざわざわ、何をしている時も落ち着きません。

福島第一原発のこれからの作業は、核物質の防護上の理由」で公表しないんだって。

世界一危険な、使用済み燃料棒の取り出しが始まってるっていうのに。。。
[PR]
by monhugo-usa | 2013-11-27 22:56 | 脱原発

署名したところで…と諦める前に

もう可決が目前というところまできて、ようやくメディアも騒ぎ始めた「特定秘密保護法案」という悪法。

「早ければ今週末にも国会で可決される」そうです。

こんな表現でニュースを読めば、誰だって、あぁもう騒いだって無駄なんだ…と諦めたくなる。

きっとそれが狙い。

今さら署名したところで、どうせ可決しちゃうんでしょーって気にもなる。

きっとそれが狙い。

負けるもんか。
諦めるもんか。

ただの主婦で、晩ご飯作って、どうもこうもジタバタしようがないけども、今、自分にできることは署名しかない。

国政を動かすのは、国民ひとりひとりの「民意」なんだーーー!

署名フォームはこちら ⇒ 署名しよう
[PR]
by monhugo-usa | 2013-11-19 19:33 | 脱原発

地球は美しい

宮崎、青島海岸からの朝日!
d0178895_1752834.jpg


刻々と変化する空の色と雲。

右手に見えるのは青島。

絶え間なく打ち寄せる波。


地球は本当に本当に美しい星だー。
[PR]
by monhugo-usa | 2013-08-09 17:47 | 脱原発

昨日はパレード…でした♪

原発やめようえ おかあちゃんパレード

昨日で13回目でした。

デモとか社会運動とか、自分には無縁だと思っていたけど、この原発問題をキッカケに、その意識が間違いだったと気がついた…

「社会運動」とか大げさなことじゃなくて、ただ、こどもたちやこれからの生き物たちに放射能で汚染された地球を渡したくないだけ。

自由に外で遊べて、川や海で泳げて、田畑で実ったものを食べられる、慣れ親しんだふるさとにいつでも帰られる、そんな日本であってほしいと思うだけ。


ここまで汚染が続いて、福一原発はさらに危険な状態に陥っているのに、メディアがそれを黙殺している、その日本で、ただ以前と変わらないように気づかないふりをして生きるのが、性に合わないだけ。

パレードに参加すると、それでいいんだと、心がホッと安堵します。

昨日配られたハハパレ新聞
d0178895_11204863.jpg

d0178895_11205011.jpg


昨日はギターやジャンベも加わって、歌とリズムにのった楽し~いパレードでした♪

音楽の力って、本当にスゴイなー。
同じこと訴えてても、全然ニュアンスが違って聞こえるし。


でも、このパレードが向かう先は、そんな明るい未来なんだから、楽しく歩いて行くのも、当たり前だ。

もうすぐ3才児もガンバりました。
d0178895_1120518.jpg

[PR]
by monhugo-usa | 2013-07-29 10:50 | 脱原発

選挙に行こう

参議院議員選挙真っ只中ですが、

選挙公報を見ても、自民党の政策は全く具体的に書かれてない。


「日本をとりもどす」

と、なんともボンヤリした耳触りのいいキャッチフレーズ。


じゃあ、自民党はこれからの日本をどうしようとしているのか、

テレビをつけても全くと言っていいほど取り上げられていない「憲法改正」について、わかりやすく書いているブログはこちら ⇒ ***

戦争に行かないと抵抗した人は、「死刑」「懲役300年」って、発言した自民党の大物政治家もいるようです。


なーーーんとオソロシイ…



一方、私も応援する「緑の党」は、

「地球を取り戻す!」

三宅洋平さんのライブ演説、見てください。

こちら ⇒ 三宅洋平 7月15日


わが家は今日、期日前投票に行きます。
祈りを込めて。



あ、比例区も個人名を書く方がいいみたいですよ~。


参議院議員選挙、必ず投票に行きましょう♪
[PR]
by monhugo-usa | 2013-07-16 17:54 | 脱原発

レインボー

コトバなしでいきなりダンナさんから送られてきた写メ。

d0178895_15351090.jpg


大分の久しぶりの青空に現れたレインボー。
二重になってたりしたらしい…

発見したひともけっこういたみたいだけど、残念ながら私は気付かなかった。

ちょうどそのレインボーが現れていたころ、私は…

参議院議員選挙比例区で立候補されている「木村ゆういち」さんが大分市で街頭演説されると知り、子連れで駆けつけてビラ配りのお手伝い。

木村さんは、原発事故後、2才の幼い娘さんを守るために福島から佐賀へ自主避難で移住されて、脱原発のために活動してこられたそうです。

デモも請願書も、やったけど、それで原発をやめてくれると思っていたけど、それだけじゃダメだった。

政治家になりたいわけじゃないけど、こうして立候補することでしか真実を伝えられない。原発を止められない。

と、おっしゃっていました。


「緑の党」から立候補された「木村ゆういち」さん。


応援します。
[PR]
by monhugo-usa | 2013-07-07 15:21 | 脱原発