ブログトップ

旬な暮らし ~~~ 岩田さんのおやつ ~~~

syunkura.exblog.jp

伽羅蕗

春から初夏にかけての山菜・野草の中で唯一、その香りが苦手だった「ふき」。

もちろん自分で調理なんかしたことありませんでした。

ただ、母の作る「伽羅蕗」だけは美味しくて大好き。

年に数回しか口にしないけど、毎年毎年、食べ続けると身体が憶えてしまうらしい。

たまたま頂いた「ふき」を見たら、思わず作りたくなってしまいました。

d0178895_11554459.jpg


さっと茹でて皮をむき、水にさらして、適当な長さに切り、醤油・酒・甜菜糖と適量の水で水分がなくなるまで煮る。

それだけ。


箸が…止まらない。
[PR]
by monhugo-usa | 2013-04-26 11:45 | ごはん | Comments(2)
Commented by おかん at 2013-04-30 09:06 x
あ~あたしも大好き「きゃらぶき」
死んだ婆ちゃんが作る「きゃらぶき」は、醤油辛くて、子どもの時
「こりゃ~食べ物じゃない!」って思ったけど、今じゃ春になると食べたくなる一品。
婆ちゃんみたいには出来ないけど、あたしもチャレンジしてみよ。
Commented by monhugo-usa at 2013-04-30 22:14
おかんちゃん、ふき自体、子供の頃は「食べるものじゃない」と思うほど苦手だったわ…それが自分で作って食べるようにまで。
成長したんだねぇ、私も(笑)
簡単だったよ、ぜひ作ってみて~!
<< 胃にやさしい 人参マフィン >>