ブログトップ

旬な暮らし ~~~ 岩田さんのおやつ ~~~

syunkura.exblog.jp

焼き玄米とモロヘイヤのおじや

超簡単でかなり美味しい「おじや」、オシャレに言えば「リゾット」。
d0178895_22493711.jpg①焼き玄米とだし汁(今日はお手軽に顆粒の中華だし使用)を鍋に入れて火にかける。
②煮立ったら火を弱めて、豆乳を少し入れる。
③火を止めて、刻んだモロヘイヤを入れ、かき混ぜる。
味を見て塩加減を整えます。

焼き玄米は、隣町の産直市場で見つけました。炒って加工してあるので、お湯などを注いで3分ぐらいで簡単におかゆのようになります。そのままでも食べられます。非常食にもなるスグレモノです。

おかずは、「レンコンバーグ」。

すりおろしたレンコン、豚ミンチ、カタクリ粉、塩麹をよく混ぜ合わせて、フライパンで両面をこんがり焼いたもの。
娘も1歳になったので、お肉デビューです。(鶏のささ身などは少し食べていましたが・・)

本当になんでも良く食べる娘。私達が食べるものにも興味津々で、だんだん自分が同じものを食べられないことがわかってくるだろうなぁ。

よく、「かわいそうにねぇ。」と言われますが、これも考え様かなと思っています。
確かにみんなと同じものが食べられないのは辛いけど、健康に生まれて元気で育っているし、普通だったら何気なく食べさせてしまう(与えられてしまう)、添加物だらけのお菓子や外食の料理を体に取り入れることなく生活できるんだから、たいそう健康的です。

小麦も卵も、きっと成長するにつれて食べられるようになると思うので、幼い大切な時期に余分なものを摂らなくてすむなら、アレルギーも悪くない。←これは母親という立場からの気持ち。本人はやっぱり辛い思いをするだろうけどね。

ただ、周りのみんなから「かわいそうねー」と言われると、言葉を理解できるようになったら、「自分はかわいそうなんだ」と思うようになる気がして、ちょっと不安です。

こういうことも、自分がアレルギーの子どもを持ってみて初めて気付くこと。本当にいろんな立場の人の色んな気持ち、気付かないことがたくさんあるんだろうなぁ・・・と感じます。
[PR]
by monhugo-usa | 2011-09-04 22:52 | アレルギー娘の食事 | Comments(2)
Commented by かめポン at 2011-09-04 23:56 x
いやーほんとわたしの場合、自分の子に
「かわいそうね」と言われるのが一番イヤな気がするわぁ…
なんかこの言葉すげー圧迫感あるんよなぁ~
違和感感じても、無邪気に単語を発してる人に
「いいえかわいそうなんかじゃないんですよっ!」
とか言うのもめんどくさいし(^皿^)
なんか笑える返答集があると便利なんやけどなぁ~
Commented by monhugo-usa at 2011-09-05 21:55
その返答集、欲しいねー!どうも、そういうユーモアのセンスがなくて、ダメだわ。ワンピースのルフィなら、何かスパッとあっさりした返事してくれそうだなー。笑
<< カエルが ツクツクホーシ >>