ブログトップ

旬な暮らし ~~~ 岩田さんのおやつ ~~~

syunkura.exblog.jp

子育て・・・迷走中

d0178895_15153049.jpgさっきまで部屋の中をグルグル回って、独り言を言いながら遊んでいたhugo。一応、今日は「夏休みの作品を作る日」となっていますが・・・全くその気配を見せないので、「今日、もう2時過ぎたね」などと、遠まわしに言ってみても、びくともしません。「ウン・・・」と良いながら昼寝し始めました。

プリントや夏の友などはボチボチやっているようですが、難関は「作品」と「読書感想文」。
これって・・・私が小学2年生の頃はなかった課題です(多分)。最近は、親が一緒にしたり、工作教室のようなものに参加させて作ったりすることが前提になって、こんな低学年からやるようになったんでしょうか。
正直、腑に落ちない自分がいます。そうすることで、子ども自身の独創性や自主性が育つものかどうか。。。
いや、育つ子ももちろんいると思いますが、hugoの場合、「やってもらう」ことに身を任せてしまうタイプで、こちらが手を出してしまうと、まるで他人事のように傍観してしまいます。

子どももひとりひとり成長の早さや好きなこと、苦手なこと、違います。宿題だから、必ずさせて提出させるべき?宿題を仕上げる為に、親が方法を考え、手伝うべき?

自分の中では、NO!と言う声が聞こえます。
でも、それで良いのか、自信がありません。ただ、「ぐうたら」を許しているだけなんじゃないかと・・・

親がブレてしまっちゃ、どっちにしろ良い影響はありませんですね。
何に対しても興味が薄く(ゲームは別)、「やりたい!」という意欲的な面を見せないhugo・・・
母は、どう育てていくべきが、迷走中ですょ。。。

 
[PR]
by monhugo-usa | 2011-08-19 15:17 | こども | Comments(6)
Commented by かめポン at 2011-08-20 16:35 x
独創性を育てよう、という課題が逆に創意を奪ってしまう…

うちはさ、小学校まだやけど、なんだかすごくよく分かる気がしているよ。。
だって「自由研究用○○キット」とか「自由研究用の参考本」とかさっ、
それっち全然自由じゃないもんなぁ!!
しかも何か、商売のにおいがするんよっ(>_<)

子どものなかに自然な「?」が芽生えるように、
低学年のときくらい、小学生のときくらい、
ぼーっと夢みさせてあげたいになぁ…
Commented by 雷おばはん at 2011-08-20 21:16 x
かって昔、雷おばはんとその息子は二人して自由研究を勝手に自由だから、せんでもええんや、と解釈していました。
でもその息子、一応父ちゃんと仕事をやっています。
先生も何も言わなかったので・・・。でもPTAの時いつも息子の作品だけが教室の後ろになかったからそれに耐えられるかかどうかくらいじゃない。
Commented by monhugo-usa at 2011-08-21 12:27
*かめポンさま*
そーーーっ!その「商売のにおい」に対しても、反発してしまう。

私は結局、何も言わんことに決めた!・・・と思ったら、旦那さんが一緒に作ろうって、救いの手を差し伸べていました。私が言うと、「怒られている」感覚に陥ったしまうhugoは、優しくて(甘くて?)気の長い旦那さんと一緒になら、やる気になるようで・・・苦笑。
残るは読書感想文。こっちはムリかもなぁ・・・でもムリすることないね。
Commented by monhugo-usa at 2011-08-21 12:41
*雷おばさま*

ありがとうございます。なんか、モヤモヤが晴れてきました。今回は、旦那さんが手伝って、硬貨が滑り台を滑って落ちる貯金箱(貯金箱というのは最初から決めていた様子)が出来ました。私は作品を「親と一緒に作る」という経験が自分にないからか、全くその気がない・・・ですが、父と子が工夫して何かを一緒に作るというのは、それはそれで悪くないなと思うので、そっと待っていました。

でも、来年からは、何も手を出すまい。と思っています。休み明けの参観日は、ぴゃっと行ってさっと帰ろーっと^^
Commented by とこもちゃん at 2011-08-21 13:29 x
親子の触れ合いが目的な課題なんでしょうね。自分の時にはなかったです。
変わりますね、学校のやること。
Commented by monhugo-usa at 2011-08-22 21:34
*とこもちゃん*
そうかー!そっちが目的だったのか。笑
そういう、なんていうか誰かから「ふれあい」しましょう、みたいの・・・苦手な性質で・・・私。ひねくれもんですね^^
<< アァ アッ 塩麹メニュー >>