ブログトップ

旬な暮らし ~~~ 岩田さんのおやつ ~~~

syunkura.exblog.jp

針刺し

母は、私が幼い頃から、たくさん服を縫ってくれました。
スカート、ワンピース、発表会の服も毎年・・・。
重たーいミシンをコタツの上に乗せて、正座して、右ひざで足踏みレバー?を踏みながらミシンをかけていた姿を思い出します。

そんな母の娘だから、私も当然、裁縫が出来るもの・・・。と母も思い込んでいたのかもしれないけど、残念ながら、私はかなりの不器用さと大雑把さで、母の期待を見事に裏切りました。

別に嫌いなわけじゃありませんでした。むしろ、裁縫も編み物もやってみたい一心です。
なのに、生まれ持った才能がーーー、、、備わっていませんでした・・・涙。

それでも、諦めの悪い私は、そのことを忘れて、未だに高すぎるハードルに時々挑んでしまいます。
最近では、たまに・・・上手くいくときもあります^^いかなそうな時は、早めに諦めます。

d0178895_1034629.jpg母が作ってくれた、パッチワークの「針刺し」。
かれこれ・・・・・・・・・・・・15年ぐらいは使っているかなぁ。中には珈琲の出しガラを乾燥させたものが入っています。捨ててしまうような小さな切れ端を大きなカゴ一杯に貯めていて、時間を忘れて色あわせ(布あわせ)をする母は、本当に夢中で楽しそうです。
以前はパッチワークのものもいろいろ作っていましたが、細かい作業は目や肩への負担が大きく、最近はあまりしなくなりました。
一生、大事に使わなきゃ、いけませんね。
[PR]
by monhugo-usa | 2011-08-14 10:06 | つくること | Comments(0)
<< 塩麹メニュー あなた様は・・・ >>