ブログトップ

旬な暮らし ~~~ 岩田さんのおやつ ~~~

syunkura.exblog.jp

「早く」という言葉

もうすぐ2学期も終わり。
hugoの学校の宿題、私から見れば「1年生なのに、こんなに?」というくらいの量を良く頑張ってやっています・・・・が。

が・・・・。

毎日とてつもない時間をかけてやりあげるのです。

「とてつもない時間」の7~8割は、手遊びかボーっとする時間。
正直、見てるだけでイライラして疲れます。平日は晩ご飯にさしかかるとその後の時間も下がってしまうので、ある程度見ていて「早く終わらせてしまってね」と声をかけてしまうことになります。(それでも、何度も言わないと終わらない)
でも、本当なら自分のペースでやるのが一番。手遊びしようが何をしようが、きちんと最後までやるならそれで良いというのが、私の考え。なので、土曜日の今日はたっぷり時間もあることだし、何も言わずにやらせていました。

が・・・・・・・・。

ふーーぅ、ふぅーーーーー、、、何も言わないで見ているのはかなりのストレスです。
午前10時、ダイニングテーブルに宿題を広げてから早3時間。「早く」という言葉を言わずに終わるのを待っているうちに私のお腹も限界・・・。先に昼ごはんも食べてしまいました。午後1時半を過ぎた頃、ようやく終了。いやー、お疲れ様でした・・・見てるだけで、疲れたよ。でも本人的には問題ないみたい。

hugoの性格は、父親譲りなのか、焦ると言うことがありません。朝、友達が迎えに来る時間が近づいても、のーんびりご飯を食べています。ここでも、少し前まで「早く」と言う言葉を連発していましたが、言っても意味がないので、言わないようにしました。そして、迎えに来ていた子は、「これからは先に行くけん。」と言って、hugoを誘いに来なくなりました。毎日、その子が来る時間までに準備しないと!と焦っていた私は、気が楽になりましたが。

「早くしなさい」と言う言葉、子育ての中で使ってはダメだという話を聞いたことがありますが・・・

はっきり言って不可能です。

でも、言ってみてわかることは、言っても何もメリットはないということ。
「早く」と言われて、子どもがやっても、それは子どもの意思や考えではなく、言われたからやっているだけ。
それでは子どもの為になってない。とかく自主性、自発性の薄い気がするhugoには、時間がかかっても自分の考えで動いて、時間を使えるようになって欲しいので、私は出来るだけ何も言わないでいたいと思います。

・・・言わないのは、言うことよりもはるかにストレスフル~~。


◎クリスマスもすぐそこまで近づいてきました。
今年のリースは庭にある植物でシンプルに・・・。
d0178895_1395725.jpg

葡萄のつる・ローズヒップ・ユーカリ・ヘクソカズラ(←この名前ってなんか・・・・。)雰囲気の良いリボンでも結びたいところですが、これといったリボンが、、、ない。
[PR]
by monhugo-usa | 2010-12-11 13:09 | こども | Comments(0)
<< アプフェルシュトゥルーデル 解禁。 >>